関西人のための、関東路線沿線案内

渋谷で働くなら 渋谷に便利な沿線とは

東京の通勤事情は、まさに通勤地獄

東京に引っ越すなら、住まいを探さねばならない。

 

しかしとにかく広い東京・首都圏、どこに住めば良いのか、皆目見当が付かない。

 

こういう場合、どこで働くかが大きな決め手となるのだけれど、東京の場合は非常に危ない。

 

というのも東京の通勤事情は、まさに「通勤地獄」といった様相だ。

 

鉄道の混み様を表す指数としては混雑率という数字があるのだが、関東の鉄道の混雑率はもの凄い。

 

というのもなんと、通勤ピーク時の混雑率が、180%を越える路線が、10以上もあるのだ。

 

私も渋谷のオフィスで働くというので、渋谷に直通の東急田園都市線沿線にアパートを借りたけれど、まさに通勤地獄だった。

 

関西の通勤電車で最も混むのは、御堂筋線の梅田駅と、阪急の十三なんだけれど、それでも混雑率は150%前後しかない。

 

なので混雑率180%と言うのは、関西人にとっては想像を絶する混みようなのだ。

 

因みに混雑率180%というのは、身動きもできず、一旦崩れたら体勢を立て直すこともできないくらいの混みようで、30分以上、変な体勢で通勤する羽目になる。

 

それならピーク時を避けて、朝早く出かければ良いのでは?などと考えたりもするのだが、1時間くらい早くても凄い混雑で、やっぱり身動きが取れない状態だ。

 

なのでフレックスタイム制を取っている企業も多いのだが、それでも混雑が和らぐのは9時過ぎくらいからで、6時半から9時過ぎまでは、びっちり混雑する。


スポンサードリンク

渋谷で働くなら、どこに住めば良い?

山手線沿線には、色んな企業の色んなオフィスがある。

 

東京駅・丸の内などは超一流企業の本社があるが、渋谷や新宿、池袋にも色んな企業のオフィスがある。

 

渋谷の場合は、雑居ビルがたくさんあって、あまり大きな企業のオフィスは少ないが、東急グループの本拠地であり、東急関連企業がたくさんある。

 

またIT関連企業の本社も多く、比較的歴史の浅い企業もたくさんある。

 

この渋谷に通うための通勤路線としては、次のような路線があるが、いずれも激混みの路線で、朝のピークだけではなく、帰りの電車も時間帯によってはギュウギュウ詰めだ。

 

といっても渋谷で働くなら、結局これらの沿線に住まないと不便なんだが。

  • 東急・東横線(横浜→渋谷) 沿線家賃相場はこちら
  • 東京メトロ・副都心線(池袋・新宿→渋谷) 沿線家賃相場はこちら
  • 東急・田園都市線(中央林間→渋谷) 沿線家賃相場はこちら
  • 東京メトロ・半蔵門線(押上→渋谷) 沿線家賃相場はこちら
  • 京王・井の頭線(吉祥寺→渋谷) 沿線家賃相場はこちら
  • 東京メトロ・銀座線(上野→渋谷) 沿線家賃相場はこちら
  • JR山手線 沿線家賃相場はこちら
  • JR埼京線(大崎−渋谷−新宿−池袋−大宮) 沿線家賃相場はこちら
  • JR湘南新宿ライン(大崎−渋谷−新宿−池袋−大宮) 沿線家賃相場はこちら

 

渋谷駅に直通する路線の混雑率は、次のようになっている。

 

混雑率だけで選ぶなら、京王井の頭線だけど、沿線の家賃は2Kでも10万はするから侮れない。

 

鉄道混雑率(渋谷駅につながる路線)
順位分類路線最混雑区間混雑率
7位東京急行田園都市線池尻大橋 →渋谷184%
18位東京メトロ半蔵門線渋谷 →表参道171%
21位JR山手線新大久保 →新宿167%
25位東京急行東横線祐天寺 →中目黒163%
32位東京メトロ銀座線赤坂見附 →溜池山王158%
47位東京メトロ副都心線要町 →池袋146%
50位京王井の頭線池ノ上 →駒場東大前144%

 


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加